性欲を高めるための鍛錬と併用禁忌の薬

併用禁忌の薬は一般的には飲み合わせの悪い薬として処方前に医師に確認されるのですが、勃起治療薬の場合には基本的には水虫などの治療に投与される抗真菌薬やHIVのウイルスの働きを阻害するための抗ウイルス薬があります。これらの薬は併用禁忌ですが、服用から一定時間を経過すると血中濃度などに影響を及ぼさなくなるので、服用するタイミングを把握することが大切です。また同様の作用がある薬も併用禁忌とされていて、早漏予防薬とうつ病などの治療薬がどちらもSSRIの薬なので、これらを併用すると作用する部分が重複するので意識障害などを引き起こす可能性があります。男性の場合は性欲を高めるためには男性ホルモンの分泌を増やすことが重要なので、スクワットなどをして下半身を鍛錬する必要がありますが、とくに太ももの内側の筋肉を鍛錬することでペニスに血液が流れやすくなるので、性欲も高まりやすくなります。女性の場合は鍛錬をしても性欲は高まらないので、セックスに嫌悪感などを抱いてしまう場合には低用量ピルを服用して、ホルモンバランスを整える必要があります。性欲が起きないのは女性ホルモンのバランスが悪くなって、性器などの血流が悪くなっている可能性が高いので、婦人科などを受診してホルモン補充療法などを受けると性欲を高めることができます。基本的には性欲が高まるよりもむしろ正常になるだけなので、必要以上に発情してしまうことはありませんが、パートナーとの性的な満足度を上げるためにはホルモンバランスを整えてセックスに望むことが必要になります。男性の場合は筋力トレーニングなどによって男性ホルモンを増やすだけで性欲が回復するので、EDを自分で予防することができます。

ページトップへ